寝る

目の症状と治療

睡眠

緑内障は眼圧が高まることで起こり、失明の危険があります。急性の場合は早急に処置を行う必要があり、慢性の場合は薬による眼圧コントロールを行います。白内障は水晶体が濁ることで起こり、視力が低下します。

Read More...

ストレス解消で変わる

生活の中の工夫

女性

眠れない症状の原因としては、様々あります。最も大きい要因は、ストレスがかかった生活をしている事が挙げられます。よって、会社や仕事から帰ってきたら、ストレスを解放してあげるという事が大事になります。ストレスを解放して、ゆったりとした気分で、副交感神経を高めていき、布団に入るといった生活習慣を身に付ける事も眠れない症状の克服に繋がります。例えば、お風呂にゆっくり入る、読書をする等の趣味の時間を大切にする事も大切です。また、アロマを焚いたり、日常の生活に中に変化を取り入れるという方法もあります。アロマは、気分を落ち着かせます。また、アロマの中には、入眠効果がある物もあります。寝る前にアロマを焚くというのも眠れない症状には効果的です。

アルコールに頼る危険性

眠れないからといって、アルコールの頼る事は危険を伴います。アルコールによって、眠くなるという人は多いですが、寝る前にアルコールを飲むという癖をつけてしまうと、習慣に繋がる危険性がでてきます。アルコールは依存性のある飲み物です。また、アルコールに対する耐性も出てきて、量が増えていく可能性があります。最悪の場合、アルコールなしでは眠れないという症状になってしまい、アルコール依存症になるケースもあります。対照的に、寝る前に温かいホットミルクを飲むというのは、入眠効果を促す飲み物といわれます。その他、カモミール等のハーブティの中にも、入眠効果を促す飲み物もあり、これらの飲み物は、副交感神経を高めて、リラックスした状態で入眠に入る事を手助けしてくれます。

自律神経失調の改善

女性

更年期障害は誰にでもやってくるもので、その時に自律神経失調を引き起こすこともあります。ただしこれは未病であり、体のバランスを整えることで改善が可能となりますので、まずは生活の見直しからはじめてみましょう。

Read More...

更年期対策案を見る

睡眠

女性は45歳を過ぎたあたりから更年期に入ります。更年期になると女性ホルモンが減量し、イライラや不眠、倦怠感、しびれ、ふらつきなどの症状が出ることがあります。更年期対策には女性ホルモンを増やすサプリメントがお勧めです。

Read More...